Toshiya Kobayashi “To regain the irreparable.”

北海道出身で、現在、東京・ドイツ・スイスを中心に精力的に活動を行っている作家・小林俊哉の個展「To regain the irreparable.」(取り返しのつかないものを取り戻すために)を、2015年1月6日~3月31日(*)までクラークギャラリー+SHIFTにて開催します。

小林俊哉は長年に渡り植物をモチーフにした絵画作品を制作しています。2011年の大震災以降は福島原発の事故を追悼するべく、本展のタイトルでもある「To regain the irreparable.」(取り返しのつかないものを取り戻すために)シリーズの創作を始めました。本展では新作中心に小品を含め約30点を展示販売します。
 
大震災から4年経った今も被災地の復興は進まず、また未来のエネルギー問題も方向性が定まっていません。未来への希望を込めた「取り返しのつかないものを取り戻す」という作家のメッセージは、今を生きる私たちにも向けられています。

*好評につき3月31日まで会期延長します。国立新美術館で年末年始にかけて開催されていた「第17回DOMANI・明日展」出品作品に入れ替え展示を行います。

小林俊哉個展「To regain the irreparable. 取り返しのつかないものを取り戻すために」
会期:2015年1月6日(火)~3月31日(火)
時間:11:00〜19:00(月曜日・第三火曜日休廊)
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3東2 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752
主催:クラークギャラリー+SHIFT
協力:まちなかアート、アート札幌2014

The solo exhibition “To regain the irreparable.” by the artist, Toshiya Kobayashi will be held at Clark Gallery + SHIFT from January 6th to March 31st(*), 2015. He was born in Hokkaido and is vigorously active in mainly Tokyo, Germany and Switzerland.

Toshiya Kobayashi has been creating paintings with the motif of the plant for many years. After the Great East Japan Earthquake in 2011, he started to create the series “To regain the irreparable.” in order to commemorate the accident at the Fukushima nuclear power plant. This series is also the title of this exhibition. It showcased his 30 artworks including mainly his latest works.

After Four years from the earthquake, the reconstruction of the disaster area has not been finished yet and the resolution of the energy problem in the future has not been decided either. With the hope for the future, “To regain the irreparable” also deliver the artist’s message to us who live in the present.

*By popular demand, extended the term of exhibition till March 31st. The works exhibited at “17th DOMANI: The Art of Tomorrow” will be replaced, has been held in the National Art Center, Tokyo over this New Year.

Toshiya Kobayashi “To regain the irreparable.”
Date: January 6th – March 31st, 2015
Opening Hours: 11:00 – 19:00
Closed on Monday and the 3rd Tuesday
Place: Clark Gallery + SHIFT
Address: 2F MUSEUM, South 3 East 2, Chuo-ku, Sapporo
Tel: +81(0)11 596 7752
Organized by Clark Gallery + SHIFT
Collaboration: Machinaka Art, Art Sapporo 2014

小林俊哉个展《重拾无法挽回之物》将于2015年1月6日至3月31日于克拉克艺廊+SHIFT展出。小林俊哉出生于日本北海道,目前主要活跃于东京、德国及瑞士。

小林俊哉多年来以植物为主题创作了许多画作,2011年东日本大地震后,他开始创作「重拾无法挽回之物」系列以纪念福岛核电厂意外事件,这系列名称同时也作为本次个展的展名。展出内容以新作为主,同时交织部分约30件作品。

大地震过后四年,重建的工作仍在进行,对于如何解决未来能源问题亦尚未有明确的方向。艺术家透过《重拾无法挽回之物》不只传达对未来的希望,同时也传达给现在活着的我们。

*展覽大獲好評!主辦單位特別延長展期至3月31日,並為大家帶來於東京新國立美術館年末年始舉辦展覽「DOMANI・明日展」的參展作品。

小林俊哉个展《重拾无法挽回之物》
时间:2015年1月6日-3月31日, 11:00-19:00
地点:克拉克艺廊+SHIFT
地址:札幌市中央区南3東2 MUSEUM 2楼
企划:克拉克艺廊+SHIFT
协力:城中艺术计划、艺术札幌2014