Toshiya Kobayashi “To regain the irreparable.”

北海道出身で、現在、東京・ドイツ・スイスを中心に精力的に活動を行っている作家・小林俊哉の個展「To regain the irreparable.」(取り返しのつかないものを取り戻すために)を、2014年3月22日~5月31日までクロスホテル札幌にて開催します。個展としては、北海道では2010年のアルテピアッツァ(美唄)以来、札幌では2003年以来11年振りとなります。

クロスホテル札幌では、2007年のオープン以来、「ART X」(アートクロス)と題して館内でのアート作品の展示などを行っています。2011年からは、SHIFTとのコラボレーションにより道内作家の展覧会を行い、札幌から世界に向けて発信しています。本展は、まちなかアート(*)・クロス・エディションとしてSHIFTがキュレーションを担当する展覧会の第11弾。

小林俊哉は長年に渡り植物をモチーフにした絵画作品を制作しています。2011年の大震災以降は福島原発の事故を追悼するべく、本展のタイトルでもある「To regain the irreparable.」(取り返しのつかないものを取り戻すために)シリーズの創作を始めました。本展では新作中心に2011年以前の作品も織り交ぜ小品を含め約25点をクロスホテル館内に展示します。
 
大震災から3年経った今も被災地の復興は進まず、また未来のエネルギー問題も方向性が定まっていません。未来への希望を込めた「取り返しのつかないものを取り戻す」という作家のメッセージは、今を生きる私たちにも向けられています。

小林俊哉個展「To regain the irreparable. 取り返しのつかないものを取り戻すために」
会期:2014年3月22日(土)~5月31日(土)
オープニングレセプション:3月21日(金) 19時~21時
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
主催:クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051)
キュレーション:クラークギャラリー+SHIFT
協力:まちなかアート、株式会社正文舎

まちなかアートは、街中にアートが溢れ、気軽に楽しめる環境づくりを目指すプロジェクト。ギャラリー、作家、店舗が一体となり、アートのある日常をつくるというもの。札幌から展開中。

The solo exhibition “To regain the irreparable.” by the artist, Toshiya Kobayashi will be held at Cross Hotel Sapporo from March 22nd to May 31st, 2014. He was born in Hokkaido and is vigorously active in mainly Tokyo, Germany and Switzerland. “To regain the irreparable” will be Kobayashi’s latest solo exhibition in Hokkaido after his participation in ARTE PIAZZA BIBAI 2010, and 11 years after his last solo exhibition in Sapporo in 2003.

Since its opening in 2007, Cross Hotel Sapporo has been giving a series of art exhibitions of the art project named “ART X (cross)”. The ART X started collaborating with SHIFT from 2011 in introducing Hokkaido based artists from Sapporo to the world. The exhibition is one of the Machinaka Art Project*, and will be the eleventh edition of the “ART X” that curated by Clark Gallery + SHIFT.

Toshiya Kobayashi has been creating paintings with the motif of the plant for many years. After the Great East Japan Earthquake in 2011, he started to create the series “To regain the irreparable.” in order to commemorate the accident at the Fukushima nuclear power plant. This series is also the title of this exhibition. It showcased his 25 artworks including mainly his latest works, along with some works created before 2011 and small works.

After three years from the earthquake, the reconstruction of the disaster area has not been finished yet and the resolution of the energy problem in the future has not been decided either. With the hope for the future, “To regain the irreparable” also deliver the artist’s message to us who live in the present.

Toshiya Kobayashi “To regain the irreparable.”
Date: March 22nd – May 31st, 2014
Opening reception: March 21st, 19:00 – 21:00
Place: Cross Hotel Sapporo
Address: North 2 West 2, Chuo-ku, Sapporo
Organized by Cross Hotel Sapporo (011-272-0051)

Curated by Clark Gallery + SHIFT
Collaboration: Machinaka Art, Shobunsya

*Machinaka Art is the project which is aiming to fill the city with art and to create friendly environment for people to familiarize themselves with the art. It creates the daily life with art by galleries, artists and shops as one through cooperation. The project is underway from Sapporo.

小林俊哉个展《重拾无法挽回之物》将于2014年3月22日至5月31日于札幌十字酒店展出。小林俊哉出生于日本北海道,目前主要活跃于东京、德国及瑞士。本次个展将是艺术家自2010年参与美呗市艺术广场ARTE PIAZZA在北海道展出后,同时也是自2003年以來睽違11年後再度於札幌舉办个展。

札幌十字酒店自2007年开幕以来即以《ART X」为名举办一系列的艺术展览,并于2011年起和SHIFT合作规画北海道艺术家的展览,由札幌向世界发声。此次个展为《城中艺术计划*》之一,也是第11檔由克拉克艺廊+SHIFT策画之ART X展览。

小林俊哉多年来以植物为主题创作了许多画作,2011年东日本大地震后,他开始创作「重拾无法挽回之物」系列以纪念福岛核电厂意外事件,这系列名称同时也作为本次个展的展名。展出内容以新作为主,同时交织部分2011年以前的创作共约25件作品。

大地震过后三年,重建的工作仍在进行,对于如何解决未来能源问题亦尚未有明确的方向。艺术家透过《重拾无法挽回之物》不只传达对未来的希望,同时也传达给现在活着的我们。

小林俊哉个展《重拾无法挽回之物》
时间:2014年3月22日-5月31日
开幕茶会:2014年3月21日, 19:00-21:00
地点:札幌十字酒店
地址:札幌市中央区北2西2
企划:札幌十字酒店(企划部011-272-0051)
展览策画:克拉克艺廊+SHIFT
协力:城中艺术计划、正文社

*城中艺术计划旨在推广艺术于日常生活中。透过艺廊、艺术家及店家等串连活动创造艺术友善的环境。此计划由札幌启动推展。