Wabisabi “Here Man”

札幌を拠点とするデザインコンビ「ワビサビ」による、人をモチーフに抽象化したグラフィックアートの新作展「HERE MAN」(ヒア・マン)を、クラークギャラリー+SHFTにて12月1日から28日まで開催します。

ワビサビは、1999年、工藤“ワビ”良平と中西“サビ”一志により結成。アドバタイジングから、グラフィックデザイン、オブジェ、映像、インテリアまで多方面での制作活動を行い、国内外で数多くのデザイン賞を獲得してもなお、クライアントワークに留まらないオリジナルのアートワークをコンスタントに生み出し、発表し続けている。

同ギャラリーで2014年に発表した、コンピューターで描かれた正体不明の被写体をデジタル出力した写真作品「ドロ〜ン」の進化形にも見える新作「HERE MAN」を展示する本展では、ベンジャミン、デボラ、ハンス、ジャン・フランソア、マゴット、モーガン、パメラ、シャロン、ソル、スザンナ、ヴァレンシア他、肖像でありながら正体も表情も特定できない18人が“ここ”に佇む。

ワビサビ展 「HERE MAN」
会期:2017年12月1日(金)〜28日(木)
時間:11:00~19:00
休廊:月・火曜日
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階
TEL:011-596-7752

“HERE MAN”, a new graphic art exhibition abstracted with people motifs by the design unit “Wabisabi” based in Sapporo will be held from December 1st to 28th at Clark Gallery + SHFT.

Wabisabi was formed in 1999 by Ryohey “WABI” Kudow and Kazushi “SABI” Nakanishi. They work from advertising to graphic design, objects, movies, interior designs, constantly creating and publishing original artworks not staying in client work , even after winning numerous design awards both in Japan and abroad.

This exhibition will showcase a new work “HERE MAN” which can be seen as an evolutionary form of their photographic work “Dorone“, digital output subjects with unknown identity drawn by computer that exhibited at the same gallery in 2014. Subjects such as Benjamin, Deborah, Hans, Jean-François, Maggot, Morgan, Pamela, Sharon, Sol, Susanna, and Valencia etc. are the portraits of the eighteen people but unidentified and their facial expressions can’t be found easily which will be the highlight on “here”.

Wabisabi exhibition “HERE MAN”
Date: December 1st – 28th, 2017
Opening Hours: 11:00 – 19:00
Closed on Monday and Tuesday
Place: Clark Gallery + SHIFT
Address: 2F MUSEUM, South 3 East 2, Chuo-ku, Sapporo

Tel: +81 (0)11 596 7752